top of page

堺市でも販売開始!

「ちはやちゃんとあかさかくん」のグッズが、堺でもご購入いただけるようになりました。


 


場所は、堺市産業振興センター1 階のカフェ「メゾン・ド・イリゼ」さん。


御縁を繋いでくださったのは、クピフレームワークス社長の宮越さんです。


 


本日は宮越さんと共に、イリゼさんにご挨拶に伺いました。



ガラス張りのおしゃれな店構え。

外からも見える店内に入ってすぐのところに棚が設置され、クラフト作品や地場製品が販売されています。



カフェをご利用でない方も、気軽に入って商品をご覧いただけます。



そんな棚の一角に、「ちはやちゃんとあかさかくん」も仲間入りさせていただきました。

これからもグッズは増えていく予定です。

どうぞお楽しみに!



お隣の棚には、今回イリゼさんとのご縁を結んでくださったクピフレームワークスさんのスヌーピーグッズが並びます。



イリゼさん限定企画。

ちはやちゃんとあかさかくんマグカップとクピフレームワークスさんのスヌーピーフィギュアとのコラボ商品が販売中です。



おしゃれなイリゼさんオリジナル商品も販売されています。



イリゼさん&クピフレームワークスさんによるバレンタイン限定コラボ商品も、販売されていましたよ。



美味しいケーキとコーヒーもいただきました。

次回はランチをいただきに伺いたいです。

店内にはピアノが設置され、コンサートが開かれることもあるようです。

詳しくは、イリゼさんのインスタでチェックしてくださいね。



お持ち帰り用のお菓子も充実。

特にマカロンの種類が充実していますね。



イリゼさんの経営母体である株式会社グランディーユさんは、堺市で知的・精神障害者や、手帳を持たないニート・ひきこもり層の雇用を進める取り組みをされていらっしゃいます。

「メゾン・ド・イリゼ」は彼らに職場を提供し、経済的自立を目指すことを目的に経営されているお店だそうです。


一方、千早赤阪村でちはやちゃんとあかさかくんを公式キャラクターとしてくださっている「一般社団法人まくばろ」さんは、空き家の見回りや庭の草刈りなど、村の方々の生活支援をされています。


そんな、手助けを求めている方の背中を押す事業をされている両社に、共通のキャラクターを扱っていただけることを本当に幸せに思います。

ちはやちゃんとあかさかくんが、千早赤阪村と堺市を結ぶきっかけとなり、地域を越えた交流が生まれたら、さらに嬉しいですね。


今回、イリゼさんとのご縁を結んでくださったクピフレームワークスさんの「クピ」はキューピッドの意味とのこと。

文字通り、両地域のキューピッドとなってくださった宮越さんには心から感謝です。


宮越さんは、「シュライヒフィギュアの専門店 クピトイズ」というシュライヒフィギュアのネットショップも、アマゾンや楽天市場などで展開されています。

シュライヒとは、創業80周年を迎えた歴史あるドイツの玩具メーカーで、恐竜や動物などをモチーフにした精巧なフィギュアが人気です。

クピトイズさんでは、そんなシュライヒフィギュアを、なんと約700種類も扱っていらっしゃるそうです。



気になった方は、「クピトイズ」で検索してみてくださいね。

閲覧数:108回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page